スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨の放射線始めます。 2007.10.25

今日は主治医の診察日と骨への放射線の診察でした。

まず、主治医に薬の副作用だったことの報告...

副作用だったんですね...と...

それで、すべての体ボロボロの会話が終わってしまいました...

まあ、主治医を攻める訳にもいかず少し低下していた白血球の数値と

再度、肝臓の検査をしてもらいましたが全部正常値に戻っていました。


胸の方は、まだ所々モヤモヤが残っているものの以前よりかなりいい

状態になってて、このままホルモン剤だけの治療でOKだそうです。

ただ、腫瘍マーカー値がわずかですが上昇したのと、肝臓の負担を考え

てかホルモン剤(アロマシン錠)に変更しました。

アロマシンに関しては今までのタモキシフェンより新薬なので早く変え

て欲しいなと思っていたので期待大です!


足の痛みは薬で治まっているという感じで、やめた薬以外は今まで

通り服用していくことに決めました。

骨のほうですが、胸の辺りの背骨が少しもろくなってきているらしく

放射線治療を行う事にしました。

前回の放射線が終わったばかりなので、少し心配してたのですが、

当てる所が違うので大丈夫だそうです。

これも放射線技師の方にお任せするよりしかたない感じですかね...

以前から書いているように、なるべく体に負担をかけないように

してあげたいのが私の思いで、病気と長く付き合っていくにはそれが

一番大切だと感じたからです。

私もボチボチがんばって勉強しますよ!




スポンサーサイト

アレルギーの副作用 2007.10.24

少し更新しない間にすっかり秋になってしまいましたね。

妻の状態が少し悪かったのでなかなか更新出来ませんでした。

突然のアレルギーで体中がボロボロになってしまい、肝臓や胃まだでも

がやられてしまい、食欲もなく指の先まで血豆のようなものが出来

物も触れない状態でした。

主治医に診察してもらったところ皮膚科にみてもらいなさいと言われ

皮膚科で診察してもらったが 分らないと...

今度は放射線科で診察してもらうと、放射線ではこんなにはならないと

の事...

何で此処は分らない...の診察が多いのかと少し不信感を抱きはじめ

他の病院で診察してもらったところ、神経科で追加された薬が合わなか

たらしく、このまま飲み続けていたら大変なことになっていましたよと

言われてしまいました。

薬だけでは追いつかないので毎日2回の点滴で直してもらうことにして

頂き、今では食欲もでて体もボロボロも治りつつあります。

それにしても薬の副作用は恐ろしく、よく使用書をみてみるとアレルギ

ーが出たら即飲まない様にと書いてあったのですが、まさか副作用だと

は分りませんでした。

主治医も薬の副作用だとは分らず、なんとも情けない話でしょうかね...

itai.jpg



できはじめた初日でこれ
2日目の朝は顔や頭、口の中にまでできて、唇もタラコになってしまいました。

またまた救急 2007.10.10

すっかり涼しくなり仕事もはかどる季節になりましたね。

少し休みが増えてしまったのでがんばらないといけないです。

妻の脚の状態ですが、いっこうに痛みが収まる様子はなく、逆に救急で

病院へ行かなくてはならないほどでした。

挙句の果て連休で、混むは混むはで...

9時半から11時半まで待たされ、それから点滴2本と休憩、再度

診察と家に着いたのが4時...

それでも痛みは取れてなんとか助かりました。

今週の火曜日には主治医の診察もあり、痛み止めの薬もたくさん飲まな

ければならない状態なので、副作用の事を考えると局部治療をしてみま

しょうかとの事でした。

局部治療とは、チューブを背中か刺して背骨に痛み止めの薬を投与

するそうで入院も必要だそうです;;

妻も即答は出来ず、とりあえず多めの薬で様子を見ることにしたの

ですが、痛みや吐き気に耐えれなくなれば局部治療になると思います。

あと、痛みの原因追求のため、今度は神経科と放射線科の診察を受ける

事になりましたが、なんとか原因が分ってほしいものです。

主治医には脳にも疑いがあるとの事で脳のCTしましたが、

脳には異常なしてホッ...

今週、来週と診察続きですが、なんとかガンバッテほしいです。


DVC00001.jpg


妻の足の状態を聞きつけた知人から国産松茸をいただきました。
こんなでかいのは初めて食べるかも... 贅沢すぎ...


DVC00002.jpg

これは天然のマイタケ 
郡上の儀兄からの頂きものです。

原因分らず... 2007.10.02

やっとの事でMRIの診察をしてもらえました。

どうしてこれだけ時間がかかってしまったかというと、現在かかってい

る病院のMRI入れ替えの工事の為、他の病院でMRIを撮る事になっ

てしまい、整形での診察が今日になってしまったという訳です...

そういう事で今日は外科での肺と肝臓のCT診察、整形外科でのMRI

診察と、朝8時30分に家を出て帰りは夕方4時と、とってもハードな一日

でした。

まず、外科の診察の結果からで、肺は大変いい状態になってきていま

す。胸膜に所々膨らみが見られるが半年前より少なくなり、肝臓は転移

無しと、本当にいい結果で安心しました。

このままホルモン治療だけを続けていく予定です。


整形での診察結果は背骨は一部崩れている所はあるが神経を押さえてい

る所は見当たりませんでした。

骨盤にも少し転移してましがそこも押さえてる所はなく、けっけよく原

因は分らず...

治療方法は薬を飲み続けるしかないと... なんとも頼りない診察結果し

か出なかったのが大変残念...

ただ、整形の診察結果を主治医に報告したところ、少し苦笑いして外科

でも治療方法を検討しますと!

とりあえず痛み止めの薬を代えて、少しの間我慢して下さいとの事でし

た。

しかし、整形外科の先生も外でMRIは撮らせるは、何度も足を運んだ

挙句、分らないって...

他の病院を紹介してくれるとか何らかのフォローはあってもよさそうな

ものですけどね...

足の痛みは以前よりまったく変らずで、冷や汗が出るほどの痛みで

夜もグッスリ眠れなくて本当に辛そう...

薬の効きが悪いと言うのか、持続時間が短いと言うのか、とにかく

足をさすっていなければ気がまぎれない状態です。

外科でもいい治療方法が見つからなければ、他の病院を探さなければ

いけないかもしれないですね。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。